好きで結婚した相手に変わる事を期待できるのか

困難を乗り越えていく方法を模索

葛藤の深刻さ

2013-10-28 11:37:14葛藤

葛藤の深刻さは、ぶつかり合っているイメージ写真の強さに比例している。両方のイメージ写真が強かったら、葛藤は非常に強いものとなります。ギリシャ悲劇以来、演劇や小説の題材であるが、最大の葛藤は愛と忠誠のどちらを選ぶかであるということですね。アンナ・カレーニナは、ウロンスキーのもとにととまるべきか、夫と息子のもとに帰るべきか、苦しんだ。葛藤をこれほどまでに深刻にするのは、今の時点では解決がないからですね。しかし、解決にならないとしても、できることはあるかもしれない。ある博士は、「何をしてよいか分からないときには、可能であるなら、とちらの方向にも進まないで何もしないことだ」と言ったという。少なくとも、事態を悪化させないですむ。最終的には、時間がその問題をある方向に動かし、決断に伴う苦痛が小さくなる。しかし、多くの場合、待てないことがある。すなわち、今決めなければ、一方のイメージ写真は永久に失せていく。もう一つの解決策は、良いカウンセリングを受けることかもしれないですね。カウンセラーはどうしたらよいかを教えることはできないが、選択肢を整理することは非常にうまくしてくれる可能性はありますからね。

コメントする