好きで結婚した相手に変わる事を期待できるのか

困難を乗り越えていく方法を模索

他の人との出会いや性関係

2013-11-12 15:23:12鮮度

私たちの遺伝子は、あらゆる機会の中でも最も楽しいものの一つを用意してくれているが、多くのカップルは、この機会を自分たちのために使うことができない、あるいは使おうともしない。彼らがその気になれないのは、部分的には、セックスが新鮮なときには、創造的であることについて心配する必要がないからである。しかし、時が経つにつれて、セックスの新鮮さを保った幸せな結婚生活のためには、私たちは創造性を発揮しなければならない。そうしなければ、どちらかが興味を失い、性的関係を理想世界から締め出し始める。こうなると、ほんの少しの創造性でお互いを満足させることができるにもかかわらず、誰か他の人との出会いや性関係を探し始める。新しい相手との性的興奮が、しばしば男女の間に行き交うあらゆる性的ひやかしの理由である。彼らは、新婚時代の刺激を体験したいと思っている。ひやかしの多くは創造的である。人に接近することを助ける創造性は、何がそこに付随していても、良い気分にさせることを忘れてはならない。良い結婚では、配偶者とのセックスに創造性を活かして、ホルモンが引き起こす快感を強化できるのですから。

新鮮味を欠く

2013-11-10 08:56:50鮮度

外的コントロールの人間関係によく見られることはパートナーのどちらかがいつも粗探しをしているということだ。自律選択理論に移行したカップルは、そんな恐れは抱かない。人間関係に自由があるので、マンネリになったり、見え見えになったりすると、いつでも創造システムを使おうとする。彼らは、新しいことに取り組むことを恐れない。解決のサークルは、創造的であるための安全な場を提供している。長期的に満足できるセックスを維持するためには、カップルは、恐れることなく、自由に話し合うことができなければならない。話すことができなければ、長期的な結婚に普通に起こる性的問題をどのようにして解決できるだろうか。「次回にはちょっと違ったやり方でしよう」というのが普通の結婚である。 (さらに…)

結婚に現われる問題の対処法

2013-11-05 12:23:11創造的

自律選択理論と解決のサークルを使って、二人は、何でも自由に話し合う。個人的に望むものよりも結婚のほうが優先する、と2人は同意している。このように描いたこのパラ色の結婚について、「でもねえ」と言うかもしれない。あまりにも理想的だと言うかもしれない。思いやりのない生活の中で、2人はたちまち倦怠期を迎え、恋も冷えてしまう、と思えるかもしれない。外的コントロールを中心にした結婚には、夫婦ゲンカの後に綻びがあるとすれば、自律選択理論を基盤にした結婚にはそういう感覚はない。選訳理論はすばらしい結婚を約束しないが、結婚に現われる問題の対処法を約束してくれる。良い結婚に問題が起こるとすれば、どちらかが自由に生活することが大切だと言って、外的コントロール心理学を尊重することで起こるほうが多い。 (さらに…)

性的、社交的制限

2013-11-04 09:37:02制限

二人は結婚をしているという現実があるとする。そして独身のときと、同じではない。2人は、結婚生活以外の人生でもお互いの欲求を理解するように努力している。結婚生活の外では、性的、社交的制限があることは明白である。しかし、このような制限の範囲内では、2人は、シャム双生児のように同じである必要はない。逆に結婚から離れた人生を相手が持つことを制限せず、むしろ奨励するほうがよい。例えば、彼は熱心なランナーである。雨降りでも走る必要がある。彼女は演劇に興味がある。彼女は、地域演劇に取り組む時聞が必要である。2人は、お互いのそのような時間を認め合っており、うまく機能している。彼は走り、彼女は演劇をし、どちらも認められていないという恐れを抱く必要がない。 (さらに…)

親しい距離を保ちたい

2013-11-03 10:56:55距離感

しつこくせがんだり、批判、苦情、パカにするということはやめる。これまで外的コントロール心理学を使ってきた人でさえ、こうした行動を続ければ、人間関係が損なわれることに気がついている。私たちが親しい距離を保ちたいとすれば、相手をコントロールしようするような行動は役に立たない。うまくいっている人がしていることは、「解決のサークル」を使うことであった。そのサークルの中で、人は相手を変えようとはしない。結婚にどんな影響を与えるかを考えて、すべての行動を選択する。二人は何でも話し合い、少しでも結婚に悪影響を与えるものがあれば、それはしないことにする。既婚カップルとして、一人が口にする言葉が相手にどのような影響を与えるかではなく、結婚にどんな影響があるかを二人は知っている。 (さらに…)