好きで結婚した相手に変わる事を期待できるのか

困難を乗り越えていく方法を模索

深刻な葛藤の渦中

2013-10-29 11:13:31葛藤

平等な選択肢と思われていたものが、実際には平等でないことに気づかせてくれるかもしれないですね。カウンセラーと話をしている間に、時間は経過していく。話すことで、しばらくの間そのままでいられる。しかし、多くの場合、何をするかの決定を下す。一つを選択し、他をあきらめる。そうすると、みじめになる。美しい理想世界にもう一方がまだ入っているからですね。美しい理想世界から一つまたは両方を締め出すまでは、悩みは終わらないのです。葛藤のただ中で、人はひどく落ち込むことが多い。こうなるならそのまま耐え続けようという気も起きてくる。どれほど落ち込んでいるかが分かると、問題の人はあなたを励まし、あなたに必要な援助を与えてくれる。 (さらに…)

葛藤の深刻さ

2013-10-28 11:37:14葛藤

葛藤の深刻さは、ぶつかり合っているイメージ写真の強さに比例している。両方のイメージ写真が強かったら、葛藤は非常に強いものとなります。ギリシャ悲劇以来、演劇や小説の題材であるが、最大の葛藤は愛と忠誠のどちらを選ぶかであるということですね。アンナ・カレーニナは、ウロンスキーのもとにととまるべきか、夫と息子のもとに帰るべきか、苦しんだ。葛藤をこれほどまでに深刻にするのは、今の時点では解決がないからですね。しかし、解決にならないとしても、できることはあるかもしれない。ある博士は、「何をしてよいか分からないときには、可能であるなら、とちらの方向にも進まないで何もしないことだ」と言ったという。少なくとも、事態を悪化させないですむ。最終的には、時間がその問題をある方向に動かし、決断に伴う苦痛が小さくなる。しかし、多くの場合、待てないことがある。 (さらに…)

多くの選択の機会がある

2013-10-27 09:50:27制限

これらの現実世界にある制限の中でさえ、私たちのほとんどが考えも及ばないほど多くの選択の機会があるのです。私たちは遺伝子によって制限されるよりも、外的コントロール心理学によって、より多くの制限を受けているのです。同時に相反するイメージ写真が美しい理想世界にあるとき、私たちは葛藤を経験する。一方に向かって動けば動くほど、もう一つのフラストレーションは増大する。理想を求めているかぎり、葛藤から逃れられない。例えば、やせたいのに、ダイエットや運動はしたくない。一年に一度しかない試合のチケットを一枚持っていて、何週間も誘っていた女の子がその夜だけ空いていると言う。職場の会議が長引いていて、今、席を立てば上司は怒るだろうが、そうしなければ、娘が学校の劇で主役を演じるのを見逃してしまう。 (さらに…)

効果的な人生を創造できる強さ

2013-10-26 15:37:20大人のような子供

彼が変わることはないのです。しかし、重くなることもないかもしれないですね。もし自分が女性でそのような人と結婚しているなら、次のことをはっきりさせておくべきでしょう。人生をともにすることができるのは、彼が私に優しくしてくれる間だけであると。このようなタイプの人について述べたのは、欲求の強弱が、とんでもない人や要注意人物との出会いに導くことがあることを知ってもらうためなのですね。しかし、ほんの少数の人しか、社会病質者になるようなプロフィールを持っていない。一方、仕事につかない人の数はもっと多い。私たちの大多数は、遺伝素因からみると、欲求の強弱に大差のない標準偏差以内に入っている。幅広い分布であるが、依然として統計的には正常と思われる範囲内である。 (さらに…)

注意が必要な相手

2013-10-25 20:24:54大人のような子供

あまり友達がおらず、今までに付き合っても長く続かない男性と関わる場合はいつも本当に注意が必要なのです。例えば男性で仕事につかないで働かない人には、いろいろなタイプがあります。高級な部類の人は、特別な仕事を維持することができる。大したことは何も要求されず、いつもそこにいなければならないというものでもよろずやで自営であったりする。しかし、一生懸命取り組む仕事があっても、決して着実な働きはしない。ハイの状態になったときには仕事につくことがあるが、やがて辞めてしまう。なぜなら、仕事が何であれ、自分のような資格のある人が取り組む仕事ではないと思ってしまうからである。ある人は、いろいろなタイプの仕事につかない人がいる。しかし、あなたが結婚したくなるようなタイプの男性を見出すかもしれない。もしあなたが、高級なタイプの仕事につかない人と結婚していて、彼があなたに対して親切なら、一緒に生活することも可能かもしれない。 (さらに…)